セブの郵便局で荷物を受け取る

Posted on 2015年08月30日

日本からフィリピンへ荷物をお送りする際、様々な方法があります。

FedExやUPS、郵便局のEMS、Balikbayan Boxなどなど・・・

今回は、フィリピンの郵便局のシステムについて・・・

日本とは全然違います。

 

私の家族は郵便局のEMSで荷物を送ってくれることが多いのですが

日本からフィリピンに荷物が届くのは比較的早いです。追跡番号で調べると数日以内で

フィリピンには到着しています。

そこからが長いのですが・・・

まず、郵便局から宛先の住所に通知が届きます。

それが来たらその通知を持って郵便局に荷物を取りにいくという流れです。

 

しかーし!この通知が届くのが遅かったり届かなかったりということがよくあります・・・泣

送り主から、「送ったよ」と聞いていれば気にしていられますが

知らない間に送ってもらってたりすると、自分に荷物が届いていると知らずに数ヶ月も…

なんてこともあります。

私も、過去に自分に荷物が来ていたことも知らず数ヶ月、荷物を取りに要った友人が偶然

荷物に埋もれた私の荷物を発見し連絡してくれたことも。

なので、郵便局から荷物を送ってもらった場合は、送ってくれた方に必ず連絡してもらうことをお勧めします♪

 

実際に私も、今回、母から聞いていたのに全然通知が来ない・・・

3週間以上経過・・・

なので、自分で行きました。

郵便局へ。

 

すると、2週間以上前に到着していました・・・

 

ま、そんなこと言っても仕方ないので、

引き取り。

引取りには、IDが必要なので忘れずにお持ち下さいね。

また、通知が届いてから取りにいく場合はそちらの通知も持っていく方が良いですよ。

引取りには、料金がかかります。

箱の大きさによるのですが、今回の写真の大きさでP120くらいでした。

荷物
荷物

そして・・・

もうひとつ・・・

送付の種類にもよるのかな?関税の分を支払う必要があります。

EMSなどは、内容物のリストや価値(金額)を書く欄があるのですが

そちらの金額によって税金がかけられるようです。

内容物が高ければその分も高くなるとのこと。

なので、引き取りに行く場合は念のためお金も持って行ったほうが良いですね。

昔は税金の分なんて殆ど払っていた記憶は無いのですが、ここ数年はこんな感じの流れです。

早急に必要な荷物や貴重な書類などは、FedEXなどのサービスのほうがDoor to Doorで数日以内なので、私はそちらを利用していますよー。

 

BY あや
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村