プライベートボランティア活動 パート2

Posted on 2018年01月26日

皆さんこんにちは
もうすぐ2月ですねぇ。あっという間!
私事ですが12月末からお母さんが1カ月のバケーションにきました。

お母さんは毎年1回はセブに帰って来るのですが毎年恒例となっている(今年で5回目)自主的ボランティア活動を必ずします。
今回はSMシーサイド近くの貧困地区約80組の家族にお米1kg、即席めん、石鹸、パン、缶詰などを配りました。

貧困地区の自治会みたいなところに事前にアポを取って
約80組に事前に番号札を作って頂き住民配って頂いておりました。
やはり教育のあれなのでしょうか。
番号札があるのにも関わらずみんな1列に並ぶことが出来ません。
中には番号札がないのにあると言って割り込んできたりして物資を渡すのに
四苦八苦してしまいました。
 

スクワッターエリア
 

子供達もかなり集まってきて、こんなに集まってくるとは想定していなかったため
急遽近くのパン屋さんに行って皆に1個づつ配りましたぁ。
中にはおばあちゃんも!笑
なんだかんだあっという間に終わっちゃいました。
私たち家族はカトリック教ということもあり
藤崎ファミリーのモットーは『自分にあるものは自分だけにとどめず
周りにもシェアーをすること』が小さいころからお母さんずっと私たちに
伝えていた言葉です。
WHAT WE HAVE WE SHARE!
余談ですが昨日お母さんが日本に帰国して今お母さんショックで心にぽっかり穴が開いている状態です!笑
自分がアラサーみなった今でもいつも小さい子供かのように世話を
焼いてくれるお母さん。。。
一緒にいたらいたで色々あるけど離れると一気に寂しくなりますね!笑
byふじ
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村