セブ島 観光スポット!!!

近年急成長をしているセブ島では高層ビルが多く建てられていたり 今までなかったようなジャンルのレストランやお店さらにモールなどが かなり増えてきています。 発展を遂げている中、セブにはフィリピン最古の教会や歴史を感じられる ところがまだまだ多く残っております。 セブ市内観光に人気なスポットをランキングしてご紹介いたします。

セブ島 観光3つのメニュー

セブ島市内観光
セブ島市内観光

セブに来たらここは押さえておきたい主要な観光スポットを1日観光!ご希望のツアーにアレンジもできちゃう!

2,800ペソ〜
セブ市内観光 お任せパック
市内観光 お任せパック

自由時間のたっぷりある市内観光ツアーに、JRスタッフがお勧めする“セブ市内のおススメスポット”をコースにしました!

7,000ペソ〜
奇跡の教会シマラ&セブ田舎体験ツアー&SMシーサイドショッピング
奇跡の教会シマラ&セブ田舎体験ツアー&SMシーサイドショッピング

セブのスーパーパワースポット奇跡の教会シマラ!

5,000ペソ〜

セブ島 人気観光スポット15選!!

①サントニーニョ教会

正式名称『Basilica del Santo Niño/バシリカ・デ・サントニーニョ』 1965年に建てられた教会でフィリピン最古の教会と言われています。 多くの教会のではイエス・キリストの像が祭られていたりするのですが、 この教会ではイエス・キリストの幼少時代をイメージした人形が祭られております。 その名は教会の名前にもなっている『サントニーニョ』です。 サントニーニョとは日本語に訳すと『聖なる子供』で日曜日にもなると 外にある祭場でミサが行われ多くの信者でいっぱいになります。  

②マゼランクロス

歴史の教科書などにも出てくる冒険家で有名なマゼランがフィリピンにキリスト教を 次々に布教していったのがここセブ島が発祥なのです。 こちらのマゼラン・クロスはその名の通りマゼランが建てた十字架となっております。 以前まで当時の十字架がそのまま建てられていたのですが、多くの信者が十字架の 木を削って財布に入れたり、削った木を火にあぶって煙を吸うことで病が治ったりする 伝説があり、このままだと十字架が無くなってしまうため、現在では実物の上に木をカバーしている状態となっています。  

③サンペドロ要塞

17世紀のスペイン時代に建てられてフィリピン最古ので最小の要塞です。 当時はイスラム教や海賊からの攻撃に対抗するために建てられたとされております。 現在では中に小さな博物館や歴史資料などがあり屋上に上がると、周りには当時 使われていた大砲を見たり触ったりできます。

④カルボンマーケット

昔、セブ島の北部ダナオから南のアルガオに掛けて96kmの鉄道が運行していました。当時蒸気機関車で運ばれた木炭を貯蔵するエリアがここカルボンマーケットだったのです。 その他にもいろんな物資の取引が行われたため、今では様々なものが安く購入できるマーケットに出来上がっていきました。 カルボンマーケットは野菜が多く売られているイメージが多いのですが、その他にも日用雑貨や日用品、洋服、アクセサリーなども売られている為、ほしいものはカルボンマーケットでそろえられることもできます。  

⑤道教寺院

セブ島のLAHUG地域にある高い丘にそびえ立つ中華系のお寺です。 セブ島には多くの中国人や中国系フィリピン人が住んでいて、中国系コミュニティーの 寄付によって建てられたお寺とされています。 お寺の中には万里の長城を再現した橋や五重塔などがあり、お寺の一番上からは セブ市内とマクタン島を眺めることもできます。 道教寺院は高級住宅街に囲まれており、中華系はもちろん多くのお金持ちの方々が 住んでいる為、セブのビバリーヒルズとも呼ばれております。 セブ市内やマクタン島では見られない大きく立派な家などが建っているので また違ったセブを感じて頂けるかもしてません。  

⑥ギター工場

マクタン島は世界でも有名なギターの名産地です。 フィリピンのブランドとしては売られていないのですが、数多くの有名なギターブランドが ここセブでギターを発注して世界中で販売しております。 ここでは、手作りギターが完成するまでの工程を見学することができ、もちろん 購入することも出来るのでお土産などにいかがでしょうか。  

⑦マクタンシュライン

世界一周した冒険家マゼランがフィリピンに訪れキリスト教を布教していったのですが キリスト教になることを拒否したのが、当時マクタン島の首長でであったラプ・ラプです。 それに怒ったマゼランが軍を率いてラプ・ラプと戦ったのですが、マゼラン軍が負け マクタン島を守った英雄として今でも歴史が語り継がれております。 敷地内にはキリスト布教したということで、マゼランの記念碑も建てられております。  

⑧トップス展望台

セブ市内から車で45分から1時間くらい山を登っったところにある『トップス展望台』 昼も夜もセブ島とマクタン島の景色を眺めることが出来る穴場スポットです。 特に夕方から夜にかけての夜景観賞はおすすめで多くのカップルなどの憩いの場となっております。

⑨テンプルオブレア

セブ島の実業家でホテルチェーン【クイ-ンズランド】の経営者として知られている『Teodorico Adarna』が2012年から建設が始まり今現在も建設中です。 日本人や韓国人観光客はあまり見られないのですが、フィリピン人観光客が多く 今は穴場的な観光スポットとなっております。  

⑩ヘリテージモニュメント

コロン・ストリートのカテドラル大聖堂の近くに建てられている、ヘリテージモニュメントは セブの芸術家エドワルド・カストリオが1997年~2000年の3年間で作り上げた大作です。セブの歴史的建造物や人物を一つにまとめた像となっております。

⑪クラウンレジェンシー スカイラウンジ

セブ島で一番の超高層ホテルでフェンテオスメーニャサークルの近くに位置します。 ホテルだけではなくコンドミニアムも併設されおり、ホテルの最上階では夜景を見ながら ブッフェをお楽しみいただけます。 最上階にはセブ島で楽しめる絶叫アトラクションの『スカイ・エクスペリエンス』があります。 特にエッジコースターでは2人乗りのコースターになっておりタワーの周りをまわりながら 角度を変え最上階から眺める地上波ハラハラしてしまうくらいの迫力があります。  

⑫セブ観音

マルコポーロホテル近くに建てられている慰霊碑です。 ビサヤ地域が最大の戦果となり約50万人の日本人とフィリピン人 100万人以上が犠牲となりました。 この地に慰霊碑が建てられた理由が眼下にところが旧日本軍の飛行場があり 最後の特攻隊機が離陸間もなく攻撃され墜落した場所でもあるそうです。

⑬ソグボミュージアム

1871年ごろに刑務所として作られた建物になっており、2004年までの58年間実際に刑務所として使われていました。 現在は博物館として使用されておりセブの歴史や文化などを学べるので歴史好きには お勧めの場所です。

⑭YAPハウス

セブのダウンタウンであるコロン地帯にセブ島で最も古く保存状態の良い民家が 今も見られてさらに中を見学することも出来るYAPハウス。 その名の通り1600年代のスペイン植民地時代に『ヤップサンディエゴ』という 中国人商人が建てた家となっております。 中に入っていくとキリスト教の飾りや当時使用されていた私物などが見られるので それまでの歴史を体感いただける場所かと思われます。

⑮オスメーニャ サークル

オスメーニャ サークル セブで一番交通量の多いフェンテオスメーニャ・サークルはセブ市長やコロン地帯など 4つの分岐点がある道路となっており、ここをまわり目的地まで行きます。 四方から車が入ったり出たりするため、公園に出入りするときはかなり注意していないと 危ないです。