ボホール島特集

ボホール島特集ボホール島特集

ボホール島特集

ボホール島ってどんな所?

ボホール島特集ボホール島(Bohol Island)は、フィリピン中部ビサヤ諸島の島であり、国内10番目の大きさを持つ。島全体が中部ビサヤ地方に属するボホール州である。人口は約114万人、面積は4,117平方キロメートル。主な都市はボホール州州都タグビララン(Tagbilaran)。リゾートとして知られるほか、フィリピンメガネザル(Philippine Tarsier、ターシャ)という世界最小級の霊長類の生息地でもある。[Wikipedia]

 

ここに来たら何をするべき?

ボホール島に来たら絶対押さえておきたいオススメスポットはこちら!

ボホール島特集

くりくりな目が可愛いターシャ!

世界最小のメガネザルターシャ 実はこのボホール島にしか生息していない天然記念物 ボホール島に行かなくては見れないのです、ストレスに弱いので大声を出したり触ったりしたらダメですよ 弊社ボホールツアーで一番人気のスポット 保護施設内で見ることが出来ます。

 


 

ボホール島特集

川を下りながらランチを堪能!

弊社ボホールツアーのランチはこちらになります。 正直ちょっと観光化されてる感も否めませんが、まあそこは楽しんじゃいましょう、自然の中のクルーズではございますのでゆっくり外を眺めながらゆらゆらと楽しんでくださいね。 ランチはこちらの船の上で召し上がっていただきます。

 


ボホール島特集

一面がチョコレートの様な谷!

ボホール最大の名所 チョコレートヒル 写真のようなぽっこりお山がたくさん見られます。展望台から眺めていただけますが、この展望台の上まではすこし長めの階段で上がっていただきます、ボホールツアーはサンダルより靴がお勧めです。 地質学的にもなぜこうなったのかはまだわかってないみたいですよ。 チョコレート色なのかみどりの山なのかはその時次第です。

 


知っておくと良いおすすめ情報
  • ボホール島特集ボホールのお土産どの施設でも売ってるターシャ関連グッツ かわいくてお勧めです ちっちゃいクリップつきの人形やポーチ どうやって使うのか全く想像できないアイテムまで豊富な種類があります。

個人的にはやっぱり手がクリップになってる人形です、家の冷蔵庫のとってに5年間ぶら下がり続けております。1個100ペソくらいだったかな?

 

  • ボホール島特集ピーナッツキスというビット型のクッキーその名の通りピーナッツが入ったクッキーです。 これもどこでも買える、ボホール定番のお土産です。 こちら結構おいしく頂けます。 ボホールのお土産に困ったらこれを買っておけば間違いないかと思います。 金額もお手ごろです。

 

 

  • ボホール島特集これも実はボホールの色んな所で見れるボホールを代表するお土産です、フィリピン人はこれを買って帰れば間違いなしくらいで買って帰ります。  なんというか、京都行ったら八橋かって帰ろうくらいな勢いですね。 ただこちら日持ちがしないので日本へのお土産としてはちょっと厳しいですね。 餅の粉や砂糖 ナッツなどが入った物なのですがフィリピン人はこれを食パンにぬって食べるのが定番の食べ方です。

ボホール島観光

ボホール島特集

【ボホール島ツアー 料金】

まるごとパック 大人 PHP6000子ども(6歳~12歳) PHP4000 (3歳~5歳)PHP1700

ツアーのみ   大人 PHP5500子ども(6歳~12歳) PHP3000    (3歳~5歳)    PHP1700

当社のボホール島観光は上記スポットはもちろん、その他施設もまわるツアーになっております 詳しくはリンクからツアーページでご確認下さい。

このツアーを詳しく見る

 


 

ボホール島特集

ボホール島宿泊ツアー
価格: ASK

日本から観光で来られる方はなかなか日程的にはきついですし、そもそもセブ島で終日ホテルを予約されている方が多いので難しいのはよくわかるのですが、実はボホールは宿泊してもらいたいです、日帰りの観光に加えて是非ボホールの素敵な海沿いのホテルでゆっくりしてもらいたいですね。お勧めはアロナビーチ辺りのホテル このアロナビーチは白い砂浜が広がるロングビーチ 何より静かなんですね 人があまりいない綺麗なビーチ 朝の爽やかなビーチ 夜の物静かなビーチを堪能してもらいたいですね。 行きたい!という方は是非お問い合わせ下さい、移動からホテル 観光までオリジナルアレンジにて対応させていただきます。